地つづきの朝

この度「地つづきの朝」をAmazonのkindle電子書籍にて上梓いたしました。

と言っても、10,000文字にも満たない4章で構成された、しかもイラストが多めの短編小説です。


-目次-

1. 天井

2. 身体

3. くつしたの小山とちょびひげの猫

4. カーブ

伸びるのは、朝の太陽と、猫と、脱ぎ捨てられたくつした。その地続きで、すっかりあきらめ切って伸び切ってしまったカナミの人生に、突如訪れた大ピンチ。そこから真実を見極めながら、再び立ち上がろうとするカナミの日常が、だんだんとカーブしてゆく、その行方とは......。


試行錯誤をしながら書き重ねたこの拙書を、誰かが読んくれていると思うだけで感謝で胸が高鳴る。何かしらのお役に少しでも立てられることを心から願っています。

また、おかげさまで今年の目標をなんとかぎりぎりに達成することができました。このぎりっぎりっなあたりが私らしい ☺︎

可能性を信じて突き進ませてくれたすべての人に感謝感謝です!!!

これからもどうぞよろしくお願いします。

2020年12月吉日☺︎

nukagokoro*Forest Library

- 森の図書館 – 『人生とは、今日一日の事である』デール・カーネギー*今月のヌカコトバ箱より*今月も有意義に集中してゆけますように* 2016年の夏。海まで届く景色が広がる八木山にたどり着きました。この景色を昨日よりもっと好きになる毎日です。今日も生き生きと過ごせますように。 ⇩スクロールダウンで過去数年の様子がでてきます。

0コメント

  • 1000 / 1000